仮定法

仮定法

仮定法について学びました!

ポイントになるのは、「妄想なのか」「現実的仮定なのか」で
表現が変わる、ということです。

簡単にお伝えすると、
 直説法(現実的):If I have
 仮定法(妄想的):If I had
という変わり方です。
現在形を使うのか、過去形を使うのかの違いです。

「もし100万円あったらさぁ・・・」という表現も、
英語では明確に現実的な話なのか、
ただの妄想なのかを分けて話さなくてはならない、
ということになっちゃいます。
(日本語の、含みを持たせる感じではないですね・・・)

例文

If I were a bird, I would fly to sky.
 (もし私が鳥だったら、空を飛べるのになぁ)

仮定法過去の公式は、以下のようになるとのこと。
覚えておかなくては!

仮定法過去の公式

 If + S(主語) + 過去形 ,  S(主語) + would (should) + 原形
 (もし SXXなら、SXXするのになぁ)

というイメージですかね。

この投稿はここまでです!
ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました