【超重要】品詞たち

品詞の理解が英語力に直結する!

とは聞きますが、地味に難しいですよね。

品詞の判別ができない初心者の方
結構いるのではないでしょうか?

そこのところ、Topic にしたいと思います!

先ず、品詞一覧からスタートです!

品詞一覧

品詞内容
名詞 (noun)人やモノを表す詞。Mr. Kato 、Coffee、Chair
動詞 (verb)主語の状態や動作を表す詞。
三人称単数の場合、動詞に”s”が付く。

 話し手 :一人称
 聞き手 :二人称
 それ以外:三人称
is, am, are
like (三人称:likes)
play (三人称:plays)
形容詞 (adjective)名詞を詳しく詳しく説明する詞。
状態や性質を表す。
beautiful
personal
positive
dangerous
important
romantic
portable
代名詞 (pronoun)名詞の代わりをする詞。I, my, me, mine
he, his, him, his
she, her, her, hers
副詞 (adverb)動詞、形容詞を詳しく説明する詞。

名詞を直接説明することはほとんど無い。
無くても文章が成立する特徴を持つ。
sometimes
really
slowly
quickly
finally
extremely
前置詞 (preposition)時・場所を表す名詞の前に置かれる詞。at
on
in
for
by
接続詞 (conjunction)文の要素をつなぐ詞。because
when
if
although
while
since
冠詞 (articles)名詞の前に付く詞。a
the

名詞 (noun)

人やモノを表す詞です。
名詞は主語や補語、目的語になることができます。

His name is Ken.
(彼の名前はケンだよ)
I bought a chair.
(私は椅子を買った)

Ken や Chair が名詞ですね。
これは簡単!
ただ、「数えられる」「数えられない」で
それぞれちょっとパターンがあります。

加算名詞

Bookとか、Chairとか、数えられますよね。
一冊、一脚といったカウントです。
こういうものは「加算名詞」と呼ばれます。

I bought a book.
(私は本を一冊買いました)

3冊なら、three books とかになりますね!

不加算名詞

これは加算名詞とは逆に、数えられないものです。
「日本」「東京」とかの地名もそうですし、
「幸福(happiness)」とかも、数えられないですね。

I stayed in Tokyo for 1 week.
(東京に1週間滞在しました)

 

動詞 (verb)

動作や状態を表す詞です。

run:走る
eat:食べる
use:使う
    ・・・

などなど、もうここには書ききれないほど
いっぱいあります。

形が変わることがあるので、
三人称(話し手でも、聞き手でもない人)で
単数(ひとり)を指して表現する場合、
”s” が付きます。

He eats  Takoyaki.
(彼はたこ焼きを食べます。)

eat に s が付いて、「eats」になってますね。

形容詞 (adjective)

名詞を詳しく詳しく説明する詞です。
人やモノの状態、性質を表すという機能があります。

例えば、「美しい」とか「新しい」とかですね。

She is beautiful  woman.
(彼女は美しい女性だ)
I want a new  car.
(私は新しい車が欲しい)

「~い」という日本語訳なる、と聞きますが、
それだけじゃないです。

He is a famous doctor.
(彼は有名な医者です。)
There are some empty  seats.
(いくつかの空いている席があります。)

 

代名詞 (pronoun)

名詞の代わりをする詞です。
人称代名詞、指示代名詞・・・
などなどいろいろあります。

人称代名詞

人に用いる代名詞は、人称代名詞となります。
以下のような使い分けが必要となります。

主格
(~は)
所有格
(~の)
目的格
(~を、~に)
所有格代名詞
(~のモノ)
単数Imymemine
youyouryouyours
hehishimhis
sheherherhers
ititsit
複数weourusours
youyouryouyours
theytheirthemtheirs

その他の代名詞(一覧)

指示代名詞this, that, these, those
不定代名詞all, both, some
疑問代名詞what, who, where
関係代名詞which, that

いろいろありますよね。

「人」「モノ」を何度も文中に出さず、
省略することができるようにする機能を持ってます!

副詞 (adverb)

動詞、形容詞を詳しく説明する詞です。
特徴として、
無くても文章として成立する
という点が挙げられます。

例えば、ゆっくり、とても、などが該当します。


彼はゆっくり歩いた、は、
彼は歩いた、でも理解可能な文章ですよね。

He walked slowly.
(彼はゆっくり歩いた):動詞を修飾
I’m very cold!
(私はとても寒い!):形容詞を修飾

副詞はTOEICでもよく出ますので、要注意です!

形容詞でも副詞用法できる単語で、
「ly」が付くと全く意味が変わることがあります。
以下、リンクをご参照ください!

副詞だけど、「ly」が付くと意味が変わる副詞たち:
https://study-more-eng.com/ly

 

前置詞 (preposition)

時・場所を表す名詞の前に置かれる詞です。
これはイメージで覚えたほうが良いです。

大事なことなので、もう一度。
前置詞の後ろは名詞、です。

ここに出すのはほんの一例で、
前置詞なのか接続詞なのかを
選択する内容はTOEICで頻出です。
※Today’s Lessonの題材にして、リンクを貼る予定です!

時を表すとき、範囲が狭いほうから
at < on < in
と覚えてしまってOKです。

同じように、場所を示すときも
狭い時は「at」、広い時は「in」です。
「in Japan」などはよくある表現ですよね。

前置詞意味用法例
at~にat 6 A.M. (時刻)
on~にon Sunday, On June 1 (曜日、日にち)
in~にin May, in winter, in 2020 (月、季節、年)
for~の間にfor ten years (期間)
during~の間にduring the meeting (特定の期間)
by~までにby 7 o’clock (期限)
until~までずっとuntil this week (継続)

※他にも前置詞はありますので、
 全体的に図示することを検討します。
 ここは図でのイメージを持ったほうが良いと
 アドバイスいただきました。

接続詞 (conjunction)

文の要素をつなぐ詞です。

「等位接続詞」「従位接続詞」とか
いろいろ書いてあるサイトありましたが、読みたくない!
だって疲れるし面白くないしw

ので簡単に(超抜粋して)書きましたw

まず、超重要なことは
接続詞の後ろは主語+動詞がある文章、です!

これだけは超必須です。

接続詞意味
because~なので
when~するとき
ifもし~ならば
although~だけど
while~の間
since~以来
He was tired, becausehe run around here.
(彼は疲れていた、なぜなら彼はここら辺を走ってたので)

例文も上げると、キリがない!
ので、必要に応じてToday”s Lessonで取り上げていきます!

冠詞 (articles)

名詞の前に付く詞です。

言ってしまえば「a」「the」のことです。

この冠詞という概念って、日本語にはないそうです。
言われてみればそうだなぁと、
思いました。

そういうことがわかるスペシャリストの方、
リスペクトです!!

「the」は内容がわかっているものに対して付与します。
「把握できている」意図を込めて特定のものを
指すことにご注意ください。

「the door」と言ったら、「あ、あのドアね」と共通認識できるものになります。

逆に「a door」と言ったら、不定だけれども、
どれかね、というニュアンスです。
不定冠詞、と言われる所以ですね。

まとめ

TOEIC対策に品詞対策はマストです。
このページの内容は、超初心者レベルなので
TOEIC対策に有効かといわれると
決して足りてません。

TOEIC対策としては Part 5 を勉強することを
おすすめします。

学習コンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました